やっぱり「木の家がいい」というお話 3回目

2015年7月5日

近代になって日本の木造建築の様式は

色々な角度から急激に変化してきました

 

まず自然環境を守ること

そのために自然素材を

できるだけ使わないことが必要になってきました

 

当然木の需要を減らす努力をして

新建材が開発されました

 

災害を守ることも重要視されてきました

 

 H270705地震火事

 

地震が多いために丈夫な家が求められました

木造の家にベニヤで補強したり

金物を多く使うようになりました

 

地震に伴う火災対策も必要でした

 

 

そのために燃えない建材が開発されました

 

続きは次回

お楽しみに

 


関連記事

  • 記事の更新を受け取る

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド

  • Twitterアカウントを設定してください。

    PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 広場@楽しい家づくり研究会 All Rights Reserved.