レポート木造住宅の基礎のひび割れ 2回目

2015年7月8日

現場は木造住宅2階建てのいわゆるベタ基礎です

 

H270707基礎スケッチ

 

「佐々木さん どう思いますか」と尋ねられましたが

一見 大きな問題は見受けられませんでした

 

ひび割れがあるところを数箇所案内され

心配で工事をストップしているとのことです

 

問題を解決するためには順序があります

 

まずその現象を問題にするのかどうかです

次になぜ問題にするのかを考えます

 

今回の場合は木場住宅の基礎のひび割れです

 

私はそんなに大きな問題にしなくても良いと考えました

何故かと言いますと対策は容易だからです

 

続きは次回をお楽しみに

 

63歳の一級建築士の私が初めて書いた無料レポート

「マイホームのお悩み一発解消」見てね

http://www.rchomes.jp/optin/index.html

 

佐々木のYoutubeでのしどろもどろの自己紹介はこちら

https://youtu.be/mK4GDVDVJVU

 


レポート木造住宅の基礎のひび割れ1回目

2015年7月7日

レポート 木造住宅の基礎のひび割れ 1回目

「基礎にひび割れがあるので相談したい」

突然電話が掛かってきました

 

話しを詳しく聞いているうちに

次のことがわかりました

 

H270707基礎写真

 この写真は記事の内容には関係ありません

 

自宅を建築中なのだが基礎のクラックが発生して心配であること

ホームページで業者を調べたこと

当方がコンクリートの専門業者であるので電話した事

 

電話で話をお聞きしていると

「お金を払うから現場を見てくれないか」とのことです

場所は車で2時間ほどなので

今回は無料で見て上げることにしました

 

続きは次回をお楽しみに

 

63歳の一級建築士の私が初めて書いた無料レポート

「マイホームのお悩み一発解消」見てね

http://www.rchomes.jp/optin/index.html

 


やっぱり「木の家がいい」というお話 4回目(最終回) 

2015年7月6日

地球の温暖化に伴う気候の変化も

近代の木造住宅に大きな影響を与えました

 

私が子供の頃は日本は温帯地方でした

しかし今や地球規模で見ますと

亜熱帯地方になっています

 

上陸する台風が大型化し

海水の温度は5度上昇し

夏の気温は各地で30度超えが

当たり前になりました

 

昔の家では窓を広く開けて風通しを良くすれば

健康的な生活ができましたが

現在ではクーラーをつけなければ

熱中症で死亡事故まで起きる時代になったのです

 

H270706古民家

 

そこで機密性の良い家が求められ

政府の法改正も有り

一気に住宅の形態が変わりました

 

いわゆる高気密高断熱の家が求められました

 

すきま風の入らない家が当たり前になったのです

 

「やっぱり木の家がいい」

本当にそうなのか

それでいいのか?

 

銀行のちょっとした待合時間に

こんなことを考えたりしましたよ

 

63歳の一級建築士の私が初めて書いた無料レポート

「マイホームのお悩み一発解消」見てね

http://www.rchomes.jp/optin/index.html

 


やっぱり「木の家がいい」というお話 3回目

2015年7月5日

近代になって日本の木造建築の様式は

色々な角度から急激に変化してきました

 

まず自然環境を守ること

そのために自然素材を

できるだけ使わないことが必要になってきました

 

当然木の需要を減らす努力をして

新建材が開発されました

 

災害を守ることも重要視されてきました

 

 H270705地震火事

 

地震が多いために丈夫な家が求められました

木造の家にベニヤで補強したり

金物を多く使うようになりました

 

地震に伴う火災対策も必要でした

 

 

そのために燃えない建材が開発されました

 

続きは次回

お楽しみに

 


やっぱり「木の家がいい」というお話 2回目

2015年7月4日

私がコンクリート住宅を手がけている時に

「沖縄のおばあちゃんのお話」というのを聞きました

 

関西の知り合いの家に遊びに来たおばあちゃんが

その家並みを見て

「本土の人はなぜ壊れやすい木で家を建てるんだろう」

と言ったそうです

 

当時 沖縄では台風が直撃するのでほとんどの家が

コンクリートだったそうです

 

 H270704シーサー

 

沖縄の家といいますと切妻の瓦屋根にシーサー

のイメージがありましたからびっくりしました

 

さて話を本題に戻します

 

日本人が「木の家がいい」という理由は

木そのもののイメージから来ているようです

 

木の香りがいい

木は健康にいい

木は自然素材だ

 

確かに戦前に建てられた木造建築には

これが当てはまっていたかもしれません

 

しかし近代建築ではどうでしょうか

 

続きは次回をお楽しみに

 

63歳の一級建築士が初めて書いた無料レポート

「マイホームのお悩み一発解消」見てね

http://www.rchomes.jp/optin/index.html

 

 


  • 記事の更新を受け取る

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド

  • Twitterアカウントを設定してください。

    PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 広場@楽しい家づくり研究会 All Rights Reserved.